HOME>記事一覧>どんなやり方で心に影響を与える療法なのか

目次

何をどのように治療する療法か

東京都内を中心にヒプノセラピーという療法について聞いた経験を持つ人が増えてきましたが、具体的にどんな療法なのでしょうか。一般的には催眠療法という言葉を使っていますが、カウンセラーによる催眠を受け、安全な方法で心の奥にアクセスしていく方法を指します。人によって心の中の傷やトラウマとなっている症状は異なりますが、子供の頃に受けた経験が影響しているという考え方がこの両方の中心です。催眠状態によって子供の頃の事を思い出し、トラウマや心の中の傷を見つめ直し、自分自身を良い方向に導くためのセラピーを受けます。催眠療法というと洗脳されるのではないかと不安に思う人もいますが、通常の催眠術や催眠ショーとは違う手法で、リラックスして集中力のある状態で過去と向き合うのが特徴です。

トラウマ改善に影響がある

他人に理解されづらい心の苦しみや、自己評価が低すぎて自分が好きになれないという人に効果を実感しやすいといわれているのが、ヒプノセラピーです。東京都内を中心にセラピーを受け付けているところは増えつつありますが、具体的に治療をするポイントとしては、過剰なストレスを感じやすい人などの心の悩みをはじめ、対人関係で同じような経験をしてしまいがちな人の心理を見つめ直し、改善に導きます。性格、習慣や何気ない癖が対人関係や仕事に悪影響を及ぼしてしまう原因として、トラウマや過去に誰かに言われた言葉が影響している可能性が高いです。子供のころなどを催眠によって思い出すことで悩みの原因を探り、改善に導けるようにサポートすることがヒプノセラピーの役割だといいます。

広告募集中